線路除草剤でコメ出荷停止 JR九州、広範囲に飛散

ドリフト被害に関するニュースです。
沿線7キロにわたる、ここまで大規模なドリフト被害が起こりうることは想定しにくいですね。 
隣接農地よりも、隣接空き地や工場周囲の緑地の方が、よりドリフトリスクが大きいと認識するべきケース。
詳しくは下記のURLよりご覧ください。
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO35761620W8A920C1ACX000?s=2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です